「投資信託<モデル・ポートフォリオ>2020年1月パフォーマンス」

2020/02/28

「投資信託<モデル・ポートフォリオ>20201月パフォーマンス」


____________________________

       安定型 インカム型 バランス型 積極型

――――――――――――――――――――――――――――

直近1か月   0.70%  0.69%  0.69%  2.06%

直近3か月   1.52%  2.25%  2.40%   4.30%

直近6か月   0.13%  1.18%  2.49%   6.99%

直近1年    2.77%  4.44%  6.04%   13.35%

直近3年    4.18%  8.91%  12.47%   25.15%

直近5年    4.16%  8.79%  12.93%   22.91%

設定来    34.28%  53.54% 63.14%   95.11%

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


1月の運用状況≫

1月は、中旬までは、昨年からの楽観ムードが継続し、

高値を維持していた世界の株式市場でしたが、

下旬からは、新型コロナウィルスの脅威によって急落し、

最終的には、世界の主要市場のほとんどが、

昨年末比で下落して引けました。


そのような環境下ではありましたが、

当社の「モデル・ポートフォリオ」は、

株式比率の高い積極型以外は上昇しました。


内訳をみますと、上述の通り、

株式市場が月末にかけて下落した分、

先進国債券、コモディティ、国内REITが、

パフィーマンスに貢献し、

株式の下落をカバーする格好となりました。


2月に入りましても、

1月同様、新型肺炎の報道で、

市場は大きく揺さぶられていますが、

今後も、短期的な相場のブレに一喜一憂することなく、

あくまで“中長期スパン”において、

各「モデル・ポートフォリオ」とも、

“想定リスク・リターン”に応じた

安定した運用を目指してまいります。