「投資信託<モデル・ポートフォリオ>2019年7月パフォーマンス」

2019/08/30

「投資信託<モデル・ポートフォリオ>20197月パフォーマンス」


20197月「モデル・ポートフォリオ」パフォーマンス≫

____________________________

      安定型 インカム型 バランス型 積極型

――――――――――――――――――――――――――――

直近1か月  1.02%  1.33%  1.67%   1.10%

直近3か月  1.19%  1.00%  0.81%  2.85%

直近6か月  2.64%  3.23%  3.47%   5.95%

直近1年  -0.75%  0.74%  0.36%   3.91%

直近3年   2.58%  8.72%  15.09%  23.05%

直近5年   8.95%  13.89%  13.87%  19.05%

設定来   34.11%  51.75%  59.18%  82.37%

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


7月の運用状況≫

7月は、米国で、急速に利下げ観測が強まり、

6月ほどではなかったものの、

日米の株式相場は、堅調に推移しました。

※上記の観測通り、731日に政策金利引き下げが決定されました。


そのような環境の下、6月に続き、

全ての「モデル・ポートフォリオ」が上昇しました。


内訳をみますと、国内株式、国内REITなどが、

パフォーマンスに貢献するとともに、

「コモディティ(金)」も、堅調に推移しています。


当社がモデルに採用している「金」の投信も、

この3カ月間で、上昇幅は10%を超えています。


ただ、相対的に好調と観られていた米国での利下げ、

また、最近の金価格の上昇を観ると、

先行きが油断ならない状況にある事を、

示唆しています。


昨年末から急落、あるいは急反騰の相場が続きますが、

短期的な相場のブレは避けがたいものがあります。


従って、あくまで“中長期スパン”において、

各「モデル・ポートフォリオ」とも、

引き続き、“想定リスク・リターン”に応じた

安定した運用結果を目指してまいります。