「投資信託<モデル・ポートフォリオ>2018年8月パフォーマンス」

2018/10/02

「投資信託<モデル・ポートフォリオ>20188月パフォーマンス」


20188月「モデル・ポートフォリオ」パフォーマンス≫

____________________________

     安定型 インカム型 バランス型  積極型

――――――――――――――――――――――――――――

直近1か月-0.26% -0.64%  -0.82%  -0.42%

直近3か月-0.21% -0.10%  -0.36%  -0.08%

直近6か月-0.78% -0.25%  -1.18%  -1.30%

直近1年 -0.39%  1.19%   1.70%   3.15%

直近3年  7.08%  6.95%   9.69%   14.04%

設定来  34.77%  49.67%   57.31%  74.78%

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


8月の運用状況≫

8月は、全てのモデルが、若干のマイナスとなりました。

米中貿易問題の行方、米国の金利引き上げ、

トルコ問題などの懸念材料が、

引き続き“重し”となりました。


運用成績は、各モデルの“リスク度合い”に応じた結果でしたが、

特にバランス型は、「新興国債券」への配分比率から、

「ポートフォリオ」への影響が大きくなりました。


内訳をみると、新興国株式、新興国債券、

コモディティ「金」が反落した反面、

先進国株、先進国REITは堅調さを維持しています。


ここ数カ月のような短期でのブレは、資産運用においては避けられませんが、

“中長期スパン”においては、引き続き各モデルとも、

「想定リスク・リターン」に応じた安定した運用結果を残しています。


( 20189月の実績報告は20181026日を予定しております)